インプラントImplant

患者様のご負担を考慮した
インプラント治療を
ご提供します

インプラント

インプラントとは

インプラント治療は、失った歯やボロボロの歯の代わりとして、天然歯に近い見た目と機能の修復を図る治療法です。インプラント(人工歯根)を埋入して顎の骨と結合させ、その上に新しい歯を立ち上げていきます。

インプラントは「第二の永久歯」とも呼ばれており、1本の歯を失った方から全ての歯を失った方まで、幅広く適応することができます。ブリッジのように周りの健全な歯を削る必要がなく、また入れ歯のように使わない顎の骨がやせるといった心配もありません。インプラントはご自身の元の歯と限りなく近い感覚で、安定してしっかりと噛むことができるようになります。

こんなお悩みはありませんか?

  • インプラント治療は痛そう
  • 手術が怖い
  • あごの骨が少なくて断られた
  • 治療費をなるべく安く抑えたい
  • インプラントと入れ歯どちらがいいの?
  • 実績のあるドクターに相談したい

上記のようなお悩みや、インプラントに不安や疑問をお持ちの方は、ぜひ一度当院へご相談にお越しください。当院では「歯を失ってお困りの方」のお悩みを解消し、ご希望に最大限お応えするために、患者様のご負担を考慮した幅広い治療の選択肢をご用意しております。

患者様のお悩みやご希望を丁寧にお伺いし、疑問を解消しながら一人ひとりの患者様に本当に合うオーダーメイドの治療プランをご提案いたします。

当院のインプラント治療の特徴

インプラント治療の特徴

確かな実績を有する医師が担当します

治療を担当するドクターは、欠損補綴のエキスパートです。歯を失った方への治療の分野(インプラント、入れ歯、ブリッジ)における実際の症例報告、学会やコンペティションでの数々の学会受賞歴を持ち、歯科医師に向けて指導や講演も行なっています。これまでにも多くの患者様に寄り添い、最適な治療法を一緒に考え、お悩みを解消してまいりました。

確かな実績

当院のインプラント治療にあたってはまず、お口全体の咬み合わせをしっかりと診査・診断し、“歯を失う前の咬み合わせ”に近い状態に戻すことを目指します。インプラントをただ入れるだけではなく、「咬み合わせをきちんと整える」ことで、歯を失う以前のようにしっかり咬める、そして長持ちするインプラント治療をご提供しております。

痛みや腫れが少なく、治療期間も短い

インプラント治療を成功させるためには、埋め込んだインプラントとあごの骨がしっかりと結合することが重要です。そこで当院では、虫歯や歯周病、またはケガなどで歯を抜かなければならなくなった場合において、歯を抜くと同時にインプラントを埋め込む「抜歯即時インプラント」を行なっています。

痛み、腫れが少なく治療期間も短い

抜歯即時インプラントは、事前の緻密な診断に基づく高度な治療技術が必要となる治療法であるため、ご提供できる医院は限られているのが現状です。当院では「抜歯即時インプラント」においても多くの症例実績を持ち、患者様のご負担をなるべく少なくするインプラント治療をご提供しております。

抜歯即時インプラントと、
従来のインプラント治療の違い

従来のインプラント治療では、抜歯をしてから傷が治るまで3ヵ月程度待ち、そこに再び穴を開けてインプラントを埋入します。そこから骨とインプラントを結合させる治癒期間を置くため、抜歯をしてから最終的な歯が入るまで、6ヵ月〜1年以上経過してしまうのが一般的なインプラント治療です。

当院で行なっている抜歯即時インプラントでは、1回の手術で抜歯とインプラントの埋入を行います。歯を抜いた傷が治る経過と一緒にインプラントと骨が結合していくため、手術の成功率を高めることが可能です。さらに、治療の痛みや体への負担の軽減、治療期間の短縮など、身体的にも精神的にも負担を少なくすることにもつながります。当日に仮歯を入れることもでき、多くの場合は3〜6ヶ月で最終的な歯が入るので、短期間で噛み始めることが可能です。

インプラント本体も厳選しています

当院では治療法だけでなく、あごの骨に埋入する「インプラント体」も厳選して使用しています。通常は体との親和性がある「チタン」という材質が多く使われています。それに加えて当院では、そのチタンの表面を「ハイドロキシアパタイト」という成分でコーティングされているものも採用。ハイドロキシアパタイトは骨や歯を構成する成分のひとつで、骨との結合を早めてくれます。

当院では患者様の症例に応じて、何十種類ものインプラント体の中から最も適したものを厳選して使用しています。

他院の患者様のリカバリーにも対応

当ドクターは幅広いインプラント体の特性を熟知していることから、過去に他院様にてインプラント治療を受けてトラブルを抱えていらっしゃる患者様からも、多数のリカバリーのご相談をいただき治療を担当しております。

「あごの骨が少ない」方にも、
OAMインプラントで対応可能

インプラント治療は、インプラントを埋入するのに十分な“あごの骨量”があることが重要となります。そこで、あごの骨が少ない場合には、骨を増やす「骨造成」と呼ばれる治療が行われる場合があります。しかし当院では、この方法をできる限り推奨しておりません。なぜなら、この骨造成は患者様のお体への負担が大きくなるためです。

あごの骨が少ない方もOAMインプラントで対応可能

当院では、患者様のお体へのご負担をなるべく少なくできるようにと十分に配慮をし、「OAMインプラント」という治療法を採用しています。

OAMインプラントとは

通常のインプラントの手術では、ドリルを用いてあごの骨に穴をあけ、そのスペースにインプラント体を埋め込んでいく方法が一般的です。対してOAMインプラントは、ドリルではなく細いキリのような器具を用いて、少しずつ骨を押し広げていく方法です。

安定感が増し、さらに外科的な処置を一度で終了できる

この方法によって、骨を圧縮していくことで骨密度が上がり、インプラントが安定しやすくなります。また、骨造成とインプラント治療を行う場合は外科的な処置が複数回にわたりますが、OAMインプラントでは一度で外科的な処置が終了するため、痛みや体への負担を軽くすることが可能です。

当院では、あごの骨が少ない方にもインプラント治療を受けていただき、しっかりと咬める喜びを感じてもらいたいと考えています。「骨が少なくてインプラント治療をあきらめていた」という方も、当院へ一度ご相談ください。

※骨がなくなってしまった方のインプラントに関しては、大学病院などのより高度な専門機関による治療が必要となります。こうした場合でも、信頼できる他の提携医療機関をご紹介いたしますので、ご安心ください。

なるべく治療費を抑える
ご提案も可能です

インプラントは本数により値段が変わってくるため、歯を多く失ってしまった場合には費用が高額になりがちです。そこで当院では、そうした患者様のご負担を軽減できるようにと、「インプラントと入れ歯(義歯)を合わせた治療」もご提案しています。

なるべく治療費を抑える

当院のドクターはインプラント治療はもちろん、入れ歯治療においても経験や研究実績が豊富です。安心してお任せください。

インプラントと入れ歯の
複合治療の特徴

  • 治療費を聞いてインプラントをあきらめてしまった
  • 費用面でご家族に反対されてしまった

という多くの方々に選ばれている治療法です。

当院で行っている複合治療は、小さなサイズのインプラントを数本埋め込み、その上に入れ歯を乗せるというものです。この治療法は入れ歯がしっかりと安定し、お食事の際にもガタつくことが少ないので、入れ歯特有の不快感も軽減できます。また大きな手術ではないため、治療後すぐにお食事していただけることも利点です。

入れ歯の場合、加齢などによりあごの骨が少なくなると、その分入れ歯の歯の部分が長くなってしまい、見た目が不自然になりがちです。そんなケースにおいても、このインプラントを併用した治療法であれば、入れ歯でも自然な見た目の口元に改善することができます。

できるだけ費用を抑えたい方への
治療法例

入れ歯を利用したインプラント

「インプラントブリッジ」と呼ばれる、入れ歯を利用した方法です。粘膜を切らずに4本の細いインプラントを入れて歯を固定します。入れ歯が安定することで、自分の歯のようにしっかり噛むことができます。また、食べものが歯と歯ぐきに入りこむことはありません。何より1日で手術が済むので、患者様の負担は軽くて済みます。口元のシワが伸びるという、審美的にもうれしいメリットがあります。

インプラントマグネット義歯

インプラントを埋入したあと、その上に人工の歯をつけるのではなく、口腔用の磁石を付けて入れ歯を固定する方法です。すべてをインプラントの歯にするよりも、かなり費用を抑えて仕上げることが可能です。

当院では患者様のご希望とお口の状態に合わせて、治療方法の選択肢をご提案しております。患者様に寄り添う診療を大事にしておりますので、どうぞまずはご希望をお聞かせください。

インプラント治療の流れ

  1. ご来院・受付 ご来院・受付 当院では患者様が受ける治療の質を保つため、完全予約制を採用しております。受診を希望される方は、お電話もしくは予約フォームにてご予約をお取りください。ご来院の際は、保険証のご提示、診察券(再診の場合のみ)のご提示をお願いいたします。
  2. 問診・カウンセリング 問診・カウンセリング 当院では、まず歯科医師が直接ご相談とカウンセリングを行い、患者様のお悩みを伺います。どんなに些細なことでも結構です。気になることがございましたら、何なりとお申しつけください。
  3. 検査・診断 検査・診断 お口の状態を確認させていただき、より精密な検査を行うためにCT撮影などを行います。インプラントを長持ちさせるために、お口全体の咬み合わせなどの検査も行なっております。歯を失った原因についても明らかにし、これ以上悪くならないように根本的な治療のご提案の準備をします。
  4. 治療計画の説明 治療計画の説明 検査結果をもとに、現在のお口の状況と治療計画についてご説明いたします。当院では、費用や期間も含め、患者様ごとにより適した治療方法をご提案しております。患者様にご納得いただかないまま治療を開始することはありません。疑問点や不明点などありましたら、何なりとおっしゃっていただければと思います。
  5. 治療 治療 歯周病や虫歯がある場合は、手術の前に治療を行います。その後、患者様に適したインプラントを選択してあごの骨に埋入し、インプラントの上に人工の歯を装着します。インプラントの埋入は、日帰り手術が可能です。痛みやお身体への負担にも十分に配慮をしながら治療を進めてまいります。
  6. メインテナンス 治療計画の説明 治療後は定期的にメインテナンスを受けていただき、インプラントを快適に長くお使いいただけるようサポートいたします。専門的な歯のクリーニング、日々の生活習慣で気をつけたいことや歯磨き方法などのアドバイス、他の歯の歯周病や虫歯のチェック・治療も並行して行なってまいります。

当院では患者様のご希望とお口の状態に合わせて、治療方法の選択肢をご提案しております。患者様に寄り添う診療を大事にしておりますので、どうぞまずはご希望をお聞かせください。

インプラントのよくあるご質問

  • インプラント治療は保険外診療となります。標準の費用は1本49万5千円(税込)です。こちらに、インプラント治療に必要な基本的な治療を含んでおります。

    具体的にはインプラント本体、被せ物(セラミック)とそれらを繋ぐアバットメントというパーツ、そしてそれらに伴う治療費、CT撮影です。ただし、骨が足りない場合に使用する骨補填材の費用や仮歯等は含みませんので、個別でお見積もりをしております。また、インプラントが何本必要となるかは、歯を失った部位によります。失った歯の範囲や部位によっては、インプラントでブリッジをすることが可能なケースもあり、費用を抑えることができます。詳細につきましては、まずは一度ご相談ください。

  • 症例に応じて異なりますので個別でお答えしておりますが、30分から1時間ほどで終わる手術が大半です。もちろん本数や難易度により時間がかかる場合もありますが、術中は麻酔を行なっていますので、安心して治療を受けていただければと思います。

  • インプラントには無痛治療と謳われるものもあります。もちろん、当院でもできる限り術後の痛みや腫れを抑えるよう最大限の努力をしておりますが、インプラント治療は外科手術ですから、痛みはまったくないとは言えません。

    また、虫歯や歯周病で歯をどうしても抜歯しなければならない場合は、抜歯を行うと同時にインプラントを埋め込む「抜歯即時インプラント治療」という方法を行うことが多々あります。この場合は外科手術が一度で終わるため、生体の生理現象をコントロールすることで、インプラントを埋め込む痛みが極力抑えられ、腫れが出にくいという臨床実感を得ています。

  • 一般的にはインプラントをあご骨に埋め込んでから3か月から6か月以上は骨と生着するまで待つ必要があるため、型取り等含めると治療期間は6か月以上です。当院では、特殊な表面加工をしているインプラントを使用して治療期間を短縮することもあります。

    また経過観察には、レントゲン検査や視診にて行うのが一般的です。当院ではそれらに加え、骨との生着度合を検査する機器である「オステルメンター」(共振周波数解析システム)を使用して、患者様の治療期間を少しでも短縮すること、ならびに確実な根拠のもと経過を追えるように配慮しています。
    ※患者様によって治療期間は大きく異なりますので、詳しくは当院にご相談ください。

  • インプラントは骨に一度埋め込むと簡単には抜けませんので、長持ちする治療だと言われています。しかし、治療後のメインテナンスを怠るとインプラントも歯周病にはかかりますので、天然の歯のように歯周病によってインプラントが抜けてしまうことも可能性としてあります。患者様の歯磨きの仕方や咬み合わせ等も関係していますので、どのくらい長持ちするかは、一概にはっきり申し上げることが難しいです。

    またインプラントは骨に埋め込んでいることから、全身の健康状態からも影響を受けることがあります。喫煙や重度糖尿病などの全身の健康状態によっては、「長持ち」という観点より、あらかじめインプラントをオススメしない場合もあることをご了承ください。

    当院では、インプラント治療を考える患者様には、その患者様が受けるデメリットもしっかりお伝えしてから行います。そして長持ちするように咬み合わせ検査やシミュレーションを行い、インプラント治療を進めております。

  • 当院のインプラント治療は、インプラントが必要な箇所はもちろんのこと、全体的な咬み合わせも十分な検査で確認してから行う方針です。歯を失ったからインプラントをするという単純な治療では、また歯を失ってしまう可能性があります。インプラントをする前には、これ以上歯が悪くならないようにするための方法についてもお話ししております。

    医師のインプラント技術も重要ですが、私は患者様が「この先生の治療を受けたい」と思える歯科医院を選ぶことが最善だと考えております。

インプラントの名医による実績

医療先進国ドイツで研鑽を積んだ院長による患者さん一人一人に適した治療の実績をご紹介しております。

ドイツ式入れ歯

まずはお気軽にご相談ください

じっくりとお話をお伺いし、診察をしてから具体的な入れ歯治療の種類や治療期間、治療費用について分かりやすくご説明させていただいております。患者様にご納得いただいてから治療へと進んでまいりますので、まずはお気軽にご相談ください。